Overhaul・・・どこまでやるのか

それなりに課題はあるにしても現状駆動しているエンジン、さてどこまでやるげきか?

突然の気まぐれ停止・・・燃料の供給系、噴射ノズル

タンクも外していただき、点検をお願いしました。

水冷の廻りの塩詰まりを抜いていただきます。

 

YANMAR 2Sを触ったことがある・・というベテランエンジニアさん、心強い

 

電装系のシステムなど全くなく、鉄の固まり。

シンプルそのもの、、耐久性は十分になるのですが、補修パーツは入手しておきたい。。

 

う、、美しい、

萩焼のような窯変模様、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでくれば、まさに備前焼・・・登り窯でしか出せない釉薬の美です。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

August 14, 2019

June 1, 2019

Please reload