Revival of BARIHAI (船との出会い)

 船齢約50年のオールドヨットを譲り受けました。

WATANABE 33

建造 1966〜1967年 香川県小豆島  岡崎造船にて

設計 渡辺修治

※設計者 渡辺修治さんの情報を詳しくまとめられてブログを見つけました。

後藤和弘さんのブロクより引用させていただきました。

 渡辺修治著「どんがめ物語」の内容(1)造船技術者としての幅広い活動

 渡辺修治著「どんがめ物語」の内容(2)船を造る船大工の技を知りつくした天才的な船の設計者

 渡辺修治著「どんがめ物語」の内容(3)和船と欧米の船の決定的な違いを明快に書いている

 渡辺修治著「どんがめ物語」の内容(4)我が国での外洋ヨットレースを確立する

 

1966〜1967年に建造されたこのヨットは、8年間ほど油壺に浮かんでいたとのこと。
 

約40年前、東海地域を拠点に活躍していたセーリンググループが、共同出資して購入、三河湾に回航してこられたとのことです。

 

レイ・クリエーション ヨット部でなんとか維持していきたい。

 

※弊社神楽坂オフィスは、船橋ボートパークにY26C、

 そして高麗橋オフィスでは、大阪湾の忠岡ヨットクラブにY30DSを浮かべております。

 さっそく、現在大阪で所有のヨットを売却に向けて手続きをすすめました。

 

<レストア>

●ショートハンドで取り回しができる艤装にする。

・エンジンオーバーホール

・ジブファーラー取り付け

・ブームキッカー取り付け

・レイジージャック仕様にする

・ラダーのガタつきを直す

 

●腐食した木部を修復する。

 

●船内を綺麗にする。

 

●ハル、デッキの雨漏りの修復

※海外の木造船に見られるピカピカのツルンツルンは目指さない。(現状のところ)

 

 

 

 

 



 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

August 14, 2019

June 1, 2019

Please reload