エンジンの悩み・・・(;_;)

BARIHAIの情報を聞いて、さっそく現物の見に行くことにしました。

 

【2018年2月7日】 

東京への出張の帰り道、常滑市の鬼崎ヨットハーバー(とても寒い日でした)

はじめてBARIHAI (WATANABE33)を見て、ヨットとしての風格を感じつつも、この船のコンディションを高めて、維持することが自分自身にできるのかと、大きな不安も感じました。

 

まず驚いたのは、見たことも無かったエンジン YANMAR 2S、おそらく建造時からの補機と思われますが、更に驚いたのは、現在もしっかりと動いていることでした。

 

 しかし、さすがに御年50歳の個体には大きなダメージもあり、船から降ろしてしっかりとオーバーホールするか、3GMクラスのエンジンに換装するかの選択をする必要があります。

デコンプレバーを直立させ、エンジンヘッド横の穴よりガソリンを滴下します。

フライホイールを勢いよう回し、回転が安定したところで、デコンプレバーを倒し、シリンダーに圧力を掛け、エンジンを始動させます。

キレのあるエンジン音に感動したものの、この作業を出港の際、あるいは帆走から機走への切り替え時に、実際に出来るのか・・とても不安になり、YANMAR 2GMまたは3GMを探すことにしました。しかし探せどヨットのエンジンの出物などありません。

ボロボロかとても高いかのどちらかしかありません。いっその事、新品にすべきかと悩む中、

時間の経過とともに、現行の2Sが好きになってきました。

セル、プランジャーポンプ等、補修パーツの問題さえ解決すれば、ヨットの推進機器として復活できるかもしれません。

 

そして、マリーナ東海に回航して、専門家に見て頂くことにしました。
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

August 14, 2019

June 1, 2019

Please reload