Revival of BARIHAI

1967年建造の木造船と出会った。

船齢50歳のとても魅力的な船なのだが、オーナーとしてこの船を維持をすることにはとても高い壁がある。

セーリングの知識はもとより、多少なりともエンジンを触ることができたり、木部の簡単な補修や、コンディション維持ができなくてはならない。

営業会議で “この船“ のことを相談した。以外にも返事はOK! 皆で維持して行こうということになった。

おそらく “たいへん” というリアリティが伝わっていないのだと思うが、気が変わらぬうちに話を進めることにした。

近日公開予定
今しばらくお待ちください...
近日公開予定
今しばらくお待ちください...